AGAとは

AGA患者は、日本で1970万人いるといわれており、最近抜け毛が気になる人や、髪の毛にハリやコシが亡くなってきた人、髪の生え際が後退し、頭頂部が薄くなってきた人は、AGAである可能性が高いといえます。症状や程度は人それぞれですので、自分では気づかないうちにAGAになっているという人もいるかもしれません。こういった症状は、思春期以降の男性に多く見られ、女性の割合は少ないといわれています。思春期以降で薄毛や抜け毛に悩んでいる男性のほとんどがAGAであるといえるのです。

AGAは、アンドロジェネティック・アロペシアの略で、男性型脱毛症のことをいいます。周毛期とよばれるヘアサイクルの成長期の期間が短くなってしまうことが影響して、額の生え際や、頭頂部の髪の毛が薄くなるのが特徴だと言われています。この症状は、進行していくため、一旦AGAの症状がでてきてしまうと、抜け毛がどんどん増えていき、傍目にも薄毛が目立つようになってきます。病院に行ったら、まず初診であることを伝え、AGA治療を希望していることを申し出ましょう。

その後、問診票に現在服用している薬があればそれについて記入し、治療中の病気があれば、その病名について記入しなければなりません。薬には、飲み合わせがありますので、AGAの薬を処方するにあたって、それらのことは医師にとって欠かせない情報なのです。診察時には、担当の医師から問診を受け、患者側の希望と、現在の頭皮などの状況から、治療するにあたって最適な薬を処方してもらえます。

[特選サイト]
AGA治療を専門に行っている病院のサイトです → AGA治療